未分類

ライースアクティブ口コミ!990円トライアルセットをレビュー(リエイジングエッセンス、化粧水、クリーム)

お米を発酵させて作った「ライスパワー」。

そのライスパワーの開発元である勇心酒造の人気商品「ライースアクティブ」について、今回は口コミレビューしたいと思います。

ライースアクティブに配合されているライスパワーNo.1とNo.11の効能(効果)や、勇心酒造の人気商品「ライースリペア」との違いについても書きますね。

お手頃価格でライスパワーを試したい人や、肌の水分量を増やしたい方に読んでほしいです。

キャンペーン情報

ライースアクティブのトライアルセットが今なら990円!

ライースアクティブの中でも、一番のヒットアイテム「ライースアクティブリエイジングエッセンス(導入美容液)」が2本も入っているのでお得感大です。

たっぷり使ってライースアクティブの心地よさを実感してくださいね。

 

ライースアクティブの特長は成分(ライスパワー1&ライスパワー11)

ライースアクティブの特長は、なんといってもライスパワー!

ライースアクティブのライン(4アイテム)すべてに、ライスパワーが配合されています。

アイテム 主要成分
ライースアクティブ
リエイジングエッセンス
ライスパワー11
ライースアクティブ
ローション
ライスパワー1
ライースアクティブ
エッセンス
ライスパワー1
ライースアクティブ
クリーム
ライスパワー1

 

ライスパワーは、お米を発酵させて作った抽出液。

ライスパワーNO.1、NO.2、NO.3・・というように13種類のライスパワーがあって、NOごとに効能効果が違うのですが、この中で一番有名なのは、ライスパワー11

「皮膚の水分保持能を改善する」と認められた日本で唯一の成分です。

ライスフォースとか、米肌とか、OneByKOSEなどに配合されている、美容業界で大注目の有効成分なので、知っている人も多いのではないでしょうか。

ライースアクティブは、ライスパワーの開発元であり、ライスパワーの性能を熟知した「勇心酒造」が自ら作る基礎化粧品ですから、そりゃ期待しちゃいますよね。

ちなみに、ローションはクリームに配合されている「ライスパワー1」は肌をすこやかに保つ成分。ライスパワー11よりは劣りますが、それでも保湿力は十分高いので、乾燥悩み対策として人気の成分です。

ライースアクティブの口コミ!化粧水、クリームリエイジングエッセンスの使用感や成分

ライースアクティブのトライアルセットは3アイテム入り!

  1. ライースアクティブリエイジングエッセンス
  2. ライースアクティブローション
  3. ライースアクティブクリーム

 

残念ながらライースアクティブのライン4商品の中で「ライースアクティブエッセンス」はトライアルセットに入っていません。。だけど私はサンプルを持っているので一緒に使用感をご紹介しますね。

ライースアクティブリエイジングエッセンス

ライースアクティブシリーズの中で一押しの導入美容液(ベース液)。

トライアルセットには2本入っていて、2週間たっぷり使えます。

 

ライースアクティブのラインは全部で4アイテム販売されていますが・・正直いうと、ライースアクティブはこのエッセンスだけ使えば良いのではと思っています。

勇心酒造のHPにも、「いつも使っている化粧品に、リエイジングエッセンスをプラスしませんか?」みたいな感じなんですよね。

ライースアクティブをライン使いすることを推奨しているわけではなく、「とにかくリエイジングエッセンスを使え!」みたいな、そんなスタンスが面白いなぁと思っています。

 

ライースアクティブリエイジングエッセンスは「ベース液」という位置づけで洗顔後の肌に最初につける導入美容液。

導入美容液をつけることで、次につける化粧水の浸透が良くなりそうですが、このライースアクティブリエイジングエッセンスのすごいところは、導入美容液そのものもグングン浸透するところ。

なんだか表面がビシッと整う感じです。

ライースアクティブリエイジングエッセンスに配合されたライスパワー11が肌の奥(基底層)まで浸透するので、もうなんだかWで嬉しいですよね。

導入美容液も化粧水もどちらも浸透するっていうW効果をぜひ実感してみてください。

ライースアクティブリエイジングエッセンスの成分

ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)、水、1,3‐ブチレングリコール、エタノール、2‐エチルヘキサン酸セチル、流動パラフィン、ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシド、ポリオキシエチレンステアリルエーテル、イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル、ベヘニルアルコール、ステアリン酸、カルボキシビニルポリマー、メチルパラベン、2‐アミノ‐2‐メチル‐1,3‐プロパンジオール、メチルポリシロキサン、グリチルリチン酸ジカリウム、プロピルパラベン、ブチルパラベン、エデト酸二ナトリウム、カミツレ油(2)、クエン酸

ライースアクティブローション

ライースアクティブローションは、肌をすこやかに保つライスパワーNo1が配合された化粧水。

サラサラとしていますが、ライースアクティブリエイジングエッセンスの後に使うと、もちっとなめらかな感触になって、とても心地よいです。

 

前述のとおり、ライースアクティブは「ライン使い必須」というわけではありません。

導入美容液である「ライースアクティブリエイジングエッセンス」を使った後は、好きな化粧品をつければOKなのですが、やはりライースアクティブローションとリエイジングエッセンスの相性はいいなぁと感じました。

ライースアクティブローションの成分

水、米抽出液(ライスパワーNo.1)、エタノール、BG、DPG、グリセリン、メチルパラベン、PEG/PPG‐25/30コポリマー、グリチルリチン酸2K、クエン酸Na、水添レシチン、ヒアルロン酸Na、PPG‐6デシルテトラデセス‐20、スクワラン、カミツレ花油、水酸化レシチン、ラウリン酸スクロース、トコフェロール、クエン酸

ライースアクティブエッセンス

ライースアクティブの美容液「ライースアクティブエッセンス」。

従来のトライアルセットには入っていたのですが、最近リニューアルしたトライアルセットには含まれなくなってしまいました。

「美容液」という点でライースアクティブリエイジングエッセンスと重なるところがあったので・・なんとなく終売になるのかなと思ってしまいますよね(だって、そうじゃなければ、トライアルセットのアイテムの1つとして入れるでしょう、と思ってしまいます。。)

ライスパワー11と相性のよいライスパワー1配合の美容液。

こっくりというよりもみずみずしい質感で伸びも良いです。

「美容液」っていうと、言葉の響きから美容効果の高いスペシャルなものをイメージしますよね。

だけど、ライースアクティブエッセンスに配合されているのはライスパワー1。

ライースアクティブシリーズのなかで、ライスパワー1が特に高濃度に配合されていますし保水力も高いですが、ライスパワー11と比較するとやはりそれは見劣りがしてしまいます。なので、もしも「ライスパワーの美容液が欲しい」と思ったら、ライスパワー11の配合されたライースアクティブリエイジングエッセンス(導入美容液)の方がニーズに合うように思います。

ライースアクティブクリーム

ケアの最後に使うライースアクティブクリーム。

配合されているライスパワー1は、肌の表面角質層に留まるので、潤いが瞬時に閉じ込められます。

クリームの質感は水分量も多くさっくりとした感じ。

ベタベタしないのがライスパワーの良いところなので、べた付かない保湿を実践されたい人に向いていると思います。

ライースアクティブクリームの成分

水、米抽出液(ライスパワーNo.1)、BG、エチルヘキサン酸セチル、ステアリン酸、グリセリン、ミリスチン酸オクチルドデシル、スクワラン、ミネラルオイル、ベヘニルアルコール、ジステアリン酸スクロース、マルチトール、ジメチコン、ポリステアリン酸スクロース、カゼインNa(牛乳)、バチルアルコール、メチルパラベン、トコフェロール、カルボマー、AMPD、アルギニン、キサンタンガム、グリチルリチン酸2K、EDTA‐2Na、セリン、プロピルパラベン、ブチルパラベン、カニナバラ果実エキス

ライースアクティブトライアルセットの評判

ライースアクティブシリーズ4商品について、使用者の感想・評判をまとめました。

ライースアクティブリエイジングエッセンス

40代女性

使用しはじめてから10年以上経ちました。毎日つける事が当たり前なので、これ無しのスキンケアは考えられません。これからも使い続けます。

30代女性

無香料と聞きましたが、お米のような優しい香りがして私は好きです。

20代女性

私が通うジムのロッカーにリエイジングエッセンスを常備しています。シャワーの後にすぐつけるようにしていますが、1本で手軽に使えるのが良いですね。

30代女性

育児が大変でなかなか自分にかまえませんが、洗顔後すぐにつけるだけでひとまず安心できます。

ライースアクティブローション

40代女性

やわらかい肌触り、やさしい香り、スッと肌になじむ所が気に入っています。これからもお世話になります。

40代女性

ローションがさっぱりなのに肌になじむ感じがとてもいいです。

70代以上女性

無香料で気持ちいいです!

60代女性

ローションを毎日気持ちよく使わせて頂いています。

ライースアクティブエッセンスの評判

70代以上女性

やっぱりライースがいいです。肌によく馴染むんです。三越に置いてあるのも信頼感があると思います。

60代女性

香りもよくて、肌につけた時の感じもさわやかでとても気に入っています。

30代女性

ライースローションと合わせてエッセンスも使用しています。どちらもさっぱりした使い心地で私のお気に入りです。

ライースアクティブクリームの評判

50代女性

軽いテクスチャーなのに守られている感があり手放せません。

40代女性

べた付かないところが気に入っています。

70代以上女性

しっとりするのに、べたつかないのが気にいっています。

50代女性

伸びがよくスーッと肌になじんでいく感じが好きです。

ライースアクティブとライースリペアを比較

ライスパワー入りの化粧品はいくつか発売されているので、どれにしようか迷ってしまいますよね。

ライスパワーの開発元である勇心酒造も「ライースアクティブ」と「ライースリペア」という2つのラインを販売しているので、どちらにしようか迷うところです。

ライース
アクティブ
ライース
リペア
ライスパワー NO.11
NO.1
NO.11
トライアルセット 990円
(2週間分)
1925円
(10日分)
導入美容液 リエイジングエッセンス
(5500円)
×
化粧水 ローション
(4620円)
インナーモイスチュアローション
(8800円)
美容液 エッセンス
(4620円)
インナーモイスチュアエッセンス
(11000円)
クリーム クリーム
(4620円)
インナーモイスチュアクリーム
(8800円)

 

一番の相違点は、配合されているライスパワーの種類。

ライースリペアは、すべての製品にライスパワー11が配合されているのに対して、ライースアクティブはライスパワー1が配合されています(ライースアクティブリエイジングエッセンスのみライスパワー11配合)。

ライスパワー11は医薬部外品の有効成分として認められた成分ですし、勇心酒造に聞いてみたところ、「簡単にいうと、ライスパワー11の効力を弱めたものがライスパワー1」というような言い方をしていたので(違っていたらすみません!)、ライスパワーの威力を思う存分味わいたいという場合はライースリペア、「ライスパワーをリーズナブルに楽しみたい」という場合はライースアクティブがおすすめです。

ライースアクティブの価格と最安値

ライースアクティブの価格は以下の通り。

トライアルセット 990円(2週間分)
ライースアクティブ
リエイジングエッセンス
5500円(50ml)
ライースアクティブ
ローション
4620円(120ml)
ライースアクティブ
エッセンス
4620円(30ml)
ライースアクティブ
クリーム
4620円(30g)

 

高価なライスパワー11が配合されているのは「ライースアクティブリエイジングエッセンス」のみなので、全体的にリーズナブルな価格設定になっています。

定価もリーズナブルですが、トライアルセットはさらにリーズナブル!

かなりお得にライースアクティブをライン使いできるので、とりあえずトライアルセットを使ってみて使用感を確かめるのがお勧めです。

ライースアクティブの販売場所

ライースアクティブは、勇心酒造本店や三越で購入できます。

但し、一番お得なトライアルセットは公式サイト限定での販売なので、公式サイトで購入してくださいね。

 

ライースアクティブ 口コミ